『月刊コミックバンチ』連載中の『応天の門』が宝塚歌劇で舞台化! 月組公演、月城かなと扮する「菅原道真」のビジュアル解禁!

戦ヒス編集部
 2022/10/07
(C)宝塚歌劇団
(C)宝塚歌劇団

宝塚歌劇月組公演 平安朝クライム『応天の門』-若き日の菅原道真の事-より、月城かなと演じる主人公「菅原道真」(すがわらのみちざね)のビジュアルが公開となりました。
本作は、『月刊コミックバンチ』連載中の『応天の門』(灰原薬 著)初の舞台化作品。

『応天の門』書影
『応天の門』書影

公演は、2023年2月4日から3月6日まで兵庫・宝塚大劇場、3月25日から4月30日まで東京・東京宝塚劇場にて上演されます。チケットの一般発売は、宝塚大劇場公演が2023年1月7日、東京宝塚劇場公演が2023年2月26日より開始。

また原作となる『応天の門』最新第16巻は、11月9日に発売予定。現在発売中の「月刊コミックバンチ」11月号では、『応天の門』の主人公・道真と業平が表紙を飾り、付録にチケットなどの収納に使えるミニクリアケースが付いてきます。

(C)灰原薬
(C)灰原薬

<公演概要>
平安朝クライム『応天の門』―若き日の菅原道真の事―
原作/灰原薬「応天の門」(新潮社バンチコミックス刊)
脚本・演出/田渕大輔
ラテン グルーヴ
『Deep Sea ―海神たちのカルナバル―』
作・演出/稲葉太地
月組公演 《主演》月城かなと、海乃美月
■宝塚大劇場:2023年2月4日~3月6日
■東京宝塚劇場:2023年3月25~4月30日
宝塚歌劇公式ホームページ:https://kageki.hankyu.co.jp

バンチコミックス表紙
バンチコミックス表紙

<原作>
【タイトル】応天の門
【著者名】灰原薬
【刊行】新潮社
【掲載媒体】「月刊コミックバンチ」にて連載中
【既刊】1~15巻 ※最新16巻は11月9日発売
【本体定価】640円(税込)
【作品ページURL】https://www.comicbunch.com/manga/bunch/outen/
【作品公式twitter】https://twitter.com/ohten_bunch


  オリジナルサイトで読む


  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

関連カテゴリー・タグ