【NHKカルチャーオンライン講座】「こっそり読みたい「秀吉の手紙」~ポスト本能寺の変を制した情報戦~」開催!

戦ヒス編集部
 2022/02/25

2022年3月12日(土) 、NHK文化センター主催のオンライン講座「こっそり読みたい「秀吉の手紙」~ポスト本能寺の変を制した情報戦~」が開催。講師は、大正大学教授の佐々木倫朗先生です。

天正10年(1582年)に起こった本能寺の変は今年で440年の節目となります。ポスト本能寺を賭けて勝利者となった羽柴秀吉ですが、「中国大返し」に代表されるように、果敢な行動力が見張ります。
しかし秀吉が長けていたのは行動力だけではありません。そこには誰も真似できない情報戦略がありました。

「信長は生きている」という誤報を発信しながら東へ駆け抜け、その先々で池田恒興・高山右近など多くの武将を味方に引き入れた秀吉。その最強ツールこそが手紙でした。
遺された当時の手紙をひも解きつつ、山崎の戦いへ望む秀吉の気持ち、あるいは人物たちとの結びつきを紹介します。

講師として、人気番組「戦国炒飯TV」の歴史監修としても知られる大正大学教授・佐々木倫朗先生をお迎えし、秀吉が何を考え、そしてどんな心情だったのか?手紙を通じてその真相に迫っていきます。

ちなみに秀吉の手紙は「くずし字」ですが、「くずし字」が読めなくても、楽しめるように解説してくれるようです。また、お申し込みの方限定で見逃し配信も実施するため、当日参加できない方、復習をしたい方も後日じっくり楽しめるとのことです。

長引くコロナ禍において、なかなか講義会場へ足を運べない方もいらっしゃるはず。
オンラインで全国どこからでも参加できるので、ご興味をもった方はこの機会をお見逃しなく!


・講座名:「こっそり読みたい「秀吉の手紙」~ポスト本能寺の変を制した情報戦~」
・講師:大正大学 文学部歴史学科教授 佐々木倫朗
・受講形態:オンライン
・開催日時:3月12日(土) 13:30~15:00(見逃し配信あり)
・受講料金:NHK文化センター会員/一般(入会不要) 税込3,300円


▼外部リンク
ポスト「本能寺の変」を制した秀吉の情報戦略とは?人気番組「戦国炒飯」の歴史監修者が解説する秀吉の手紙【NHKカルチャーオンライン講座】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000195.000071793.html

  この記事を書いた人
戦ヒス編集部 さん
戦国ヒストリーの編集部アカウントです。

関連カテゴリー・タグ