丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

【家紋】替紋はなし!武田信玄のトレードマークは王者の「菱形」

  • 武田信玄
  • 家紋
 2019/10/28
甲斐武田氏の家紋「武田菱」
甲斐武田氏の家紋「武田菱」

しばしば「戦国最強」と称される騎馬隊を有し、「甲斐の虎」の異名をとる武田信玄。 戦国時代において一時代を画す勢力を誇った、伝説的な武将の一人です。

武田家は信玄の嫡子である「武田勝頼」の時代に最大の版図を達成しますが、やがて鉄砲部隊による戦闘形式の大変革に直面し、滅びに向かうことは周知のとおりです。

そんな武田氏では、家紋もバリエーションがありつつも基本的にはたった一つの意匠を用いたものと考えられており、その紋への強いこだわりを感じさせるといいます。

王者としての自負と自身の表れか、「替紋」を用いなかったとされる甲斐・武田家。今回はそんな武田の家紋についてのお話です。
(文=帯刀コロク)

「武田菱」とは

甲斐・武田家の家紋は、やや扁平な菱形を四つ配置して大きな一つの菱形としたもので、「割菱」と呼ばれるタイプのマークとなっています。これを特に「武田菱」ということから、武田氏に特徴的な紋様として用いられてきました。

戦国武将はメインとして使用する本来の「定紋」のほかに、日常用や状況によって使い分けるための「替紋」を定めているのが普通ですが、武田氏では先述のとおり替紋は用いず、武田菱のみを使ったことが知られています。

武田菱の由来は、元々は四弁の花を扁平にしたような「花菱」の紋様にあるとされています。

簡略な割菱も、この花菱と同様のものとして扱われたことが考えられ、高野山の持明院が所蔵する武田信玄の肖像には花菱をあしらった直垂姿が描かれています。

武田信玄の肖像画(高野山持明院所蔵)
武田信玄の肖像画(高野山持明院所蔵)

花菱そのものは日本の歴史上非常に古いデザインのひとつで、その源流は大陸にあるとされています。

奈良時代にはすでに花菱の意匠が使われており、武田家ではその始祖である「源義光」が着用したとされる「楯無の鎧」にあしらわれていることから、それを家紋として用いるようになったといわれています。

なお、武田菱は「田」の文字を変形させたものが起源という説もありますが、花菱紋との関係からその信憑性には疑問を呈する声もあります。

「楯無の鎧」とは

武田家に代々伝承された家宝である「楯無の鎧」は、先述のとおり甲斐源氏の祖で平安時代の武人・源義光が身に着けていたものと伝わっています。

義光は「新羅三郎」の名でもよく知られており、彼の鎧は武田家において神器のようにして受け継がれてきました。

「楯無」とは楯がなくとも刀や矢が当たらないという神がかった武威を象徴する号であり、武田家は府中の鬼門に位置している菅田天神社にこの鎧を奉納していました。いわば一族・一国鎮護の霊威をもった鎧であり、武田家中において特別な精神的拠り所であったことがうかがえます。

山梨県甲州市にある菅田天神社
山梨県甲州市にある菅田天神社(出所:wikipedia

この楯無の鎧には、随所に花菱の紋があしらわれているのを確認することができます。

胴の胸に四つ、兜の左右の吹き返しに一つずつ、そして兜の鍬形中心に一つと、とても目立つ意匠となっています。 これが武田菱の源流であるとされ、花菱と武田菱は形状の違いはあれど同一のものとして扱われたと考えられています。

武田家が勝頼の代で滅亡することは先にも触れましたが、勝頼は自刃する直前にこの鎧を嫡子である「武田信勝」に着用させ、16歳での元服式を行ったと伝わっています。楯無の鎧は昭和27年(1952)に国宝に指定され、現在も菅田天神社が所蔵しています。

有名な「風林火山」や「百足(むかで)」は家紋?

武田信玄のトレードマークといえば、「風林火山」の文字や「百足」をデザインした旗を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

有名な風林火山は「疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山」という、用兵の極意を意味する孫氏の兵法の部分引用であり、これは家紋ではなく「軍旗」として用いられたものです。

信玄vs謙信の銅像
八幡原史跡公園にある信玄・謙信一騎討ちの像

百足の意匠も同様で、これは戦場での伝令役などであった「百足衆」の旗指物として使われたもので、やはり家紋そのものではありません。なお、信玄の本陣旗には「南無諏方南宮法性上下大明神」などと書かれたものを使用したといい、諏訪明神の加護を願ったことがうかがえます。

他の陣旗には花菱や武田菱を描いたものもあり、たとえ混戦のさ中であったとしても、武田の家中が一目瞭然だったであろうことが想像されます。

なお、「風林火山」という略称は文献上で確認することができないため、歴史用語ではなく現代の創作によるものと考えられています。井上靖の小説『風林火山』がその初出である可能性が指摘されています。

また、余談ではありますが、武田菱を丸で囲った「丸に武田菱」という家紋。これは金八先生で有名な武田鉄也や幕末の長州藩士・高杉晋作の家紋だとか。

まとめ

家紋は一目見ただけで家中や一族がわかるようになっているものが多いですが、武田家の特徴的な菱形はまさしくそんな目的を充足するオリジナリティーをもっています。それでいて意匠としては簡略で描きやすいことも、紋の浸透に貢献したことが想像されます。

丸型の配置が一般的なイメージのある家紋の中でも、直線のみで構成された武田菱は質実剛健で硬質な印象を見る者に与えます。

「最強」と称された武将家に相応しい、風格あるエンブレムであるといえるのではないでしょうか。


【参考文献】
  • 『見聞諸家紋』 室町時代 (新日本古典籍データベースより)
  • 「日本の家紋」『家政研究 15』 奥平志づ江 1983 文教大学女子短期大学部家政科
  • 「「見聞諸家紋」群の系譜」『弘前大学國史研究 99』 秋田四郎 1995 弘前大学國史研究会
  • 『日本史諸家系図人名辞典』 監修:小和田哲男 2003 講談社
  • 『戦国武将100家紋・旗・馬印FILE』大野信長 2009 学研
  • 『歴史人 別冊 完全保存版 戦国武将の家紋の真実』 2014 KKベストセラーズ
  • 『戦国武将の鎧兜』 2016 宝島社


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


おすすめの記事


 PAGE TOP