丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「九鬼嘉隆」織豊政権時代に大活躍した水軍武将!

九鬼嘉隆の肖像画
戦国時代に九鬼水軍を率いて "海賊大名" の異名で知られた九鬼嘉隆。織田信長や豊臣秀吉にもその類稀な水軍力を見込まれた上、大いに重用されて戦功を挙げたのだった。そんな嘉隆の生涯について、ここでは詳しく紹介しよう。

誕生、そして逃亡生活へ

九鬼嘉隆は天文11年(1542年)、九鬼定隆の次男として波切城で誕生した。なお、母親については甲賀出身の者と言われるが、詳細は不明である。

嘉隆が産まれた当時の九鬼氏は、伊勢国司であった北畠氏に従属する地頭であった。そして「志摩海賊七人衆」の1つに数えられ、既に水軍を巧みに操る一族として、志摩に一大拠点を築いていた。ところが天文20年(1551年)に父の定隆が亡くなり、嘉隆の兄である九鬼浄隆が家督を継ぐと、状況が一変する。

この頃、志摩や鳥羽の一帯には数多くの地頭が存在していたが、普段から九鬼一族の強大化を警戒していた地頭勢力がとうとう反旗を翻したのだ。さらに伊勢国司であった北畠氏までも、この地頭連合軍に加勢して攻撃を仕掛けてきた。圧倒的に不利な状況に置かれた九鬼兄弟は、一旦は居城である田城城に篭城するものの、浄隆が途中で病死したこともあって敗戦。嘉隆はなんとか鳥羽の朝熊山方面へ脱出したが、ここから長らく逃亡生活を強いられることになる。

信長の家臣団として復活

嘉隆が再び世の中に登場するのは、敗走から10年近く経ってからのことである。

ちょうどその頃は、桶狭間の戦い今川義元を討った織田信長が、ますます勢力を拡張し、各地で戦いを繰り広げていた。そしてこの伊勢・志摩地方にも信長が攻略を企てていることを知った嘉隆は、これを千載一遇の好機と捉え、予め懇意にしていた信長の家臣である滝川一益を介して、永禄11年(1568年)に京都で信長への謁見を実現した。

その後、一益の与力として信長の家臣団に加わると、伊勢・志摩攻めにも従軍。かつて嘉隆を追い出した北畠具教に対し、得意の水軍戦術で激しく攻め立て、具教の隠居城である大淀城の陥落に大いに貢献。その勢いのまま、これまで宿敵であった志摩の地頭勢力も一掃し、信長から志摩国の領有を認められた。同時に信長から九鬼本家の家督を継ぐように命じられ、正式に九鬼氏の当主となった。

前代未聞!日本史上初の鉄甲船を開発

嘉隆といえば、やはり鉄甲船の存在を抜きにして語れないだろう。信長の家臣団として活躍した嘉隆であったが、その最も象徴的な出来事は、天正2年(1574年)から始まった信長の一向一揆鎮圧と、その過程の中で発生した「木津川口の戦い」である。

天正4年(1576年)、一向一揆の中心勢力である石山本願寺や雑賀衆の補給線切断と海上封鎖を狙い、信長は摂津・木津川沖で海戦。一向一揆側についた毛利水軍を相手に、信長の鳥羽水軍は攻撃を仕掛けるものの、船団の数はもとより兵器の火力も劣る信長・鳥羽水軍は大敗してしまう(第1次木津川口の戦い)。

そこで信長は改めて嘉隆に対して、燃えない船の建造を命じた。その結果生み出されたのが鉄甲船である。これは鉄の板を船に張り巡らした上、大筒や大鉄砲など3門を装備し、約5千人もの乗員を収容することができる、前代未聞の最強船であった。

そして迎えた天正6年(1578年)、再び摂津・木津川沖で海戦が始まった(第2次木津川口の戦い)。その結果、鉄甲船の絶大な威力を見せつけ、約600隻もの毛利水軍は壊滅し、信長側が大勝利を治めた。嘉隆はこの戦功により、志摩に加え摂津野田などを信長より与えられ、約3万5千石の大名へと出世を果たしたのである。

秀吉時代も活躍

天正10年(1582年)に信長が本能寺で討たれると、嘉隆は最初こそ織田信雄に従属したが、羽柴秀吉が実権を握りそうになると素早く鞍替えして臣従した。秀吉の下で嘉隆は、小牧・長久手の戦いをはじめ九州平定や小田原征伐など、大小数多くの戦いで戦功を挙げた。その中でも特に注目すべきは、天正20年(1592年)から始まった文禄・慶長の役であろう。

この戦いで、約1万近い兵を指揮する水軍総大将に命ぜられた嘉隆は、最初の海戦である「沖島の戦い」や「熊川の戦い」などで、敵の朝鮮水軍に壊滅的な打撃を与えた。しかし朝鮮水軍の指揮官に李舜臣が着任すると、戦況が一変する。まず閑山島海戦で敗北を喫すると、安骨浦でも李舜臣の攻撃を受けて敗退してしまった。この大敗を境にして、秀吉は朝鮮攻略の戦術を転換する。それまでの海戦志向ではなく、沿岸防備を中心とした戦いを繰り広げたのだった。ここでも嘉隆は、上陸を試みる朝鮮水軍を何度も撃退し、大いに戦果を挙げた。ただし老いには勝てず、慶長2年(1597年)の慶長の役には出陣を取りやめ、引退を表明して隠居の身となった。

家康の天下、そして悲しき結末へ

秀吉が慶長3年(1598年)に亡くなると、それまで虎視眈々と力を蓄えていた徳川家康が、天下取りのために動き出す。そしてとうとう、慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いが勃発。ここで九鬼一族は、嘉隆が西軍側へ参陣する一方で、家督を譲られた息子の守隆は東軍側へと分かれた。これは親子で実際に対立したわけではなく、敗北による一族断絶を回避するためのリスク分散戦略である。関ヶ原の戦いで家康の東軍が大勝すると、嘉隆は占領していた鳥羽城を放棄して答志島へ逃れた。他方で息子の守隆は、家康に対して父である嘉隆の助命嘆願をし、最終的には認められたものの、既に嘉隆は自刃した後であった。享年59。

一説によると、九鬼一族の存続を憂慮した家臣の豊田五郎右衛門が、嘉隆に切腹するよう強く進言したという。嘉隆の亡骸は遺言どおり答志島の築上山頂に葬られ、今も首塚として存在する。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP