丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン
  • 明智光秀
 2019/03/27

細川ガラシャの壮絶な最期とは?その経緯や死因を徹底検証!

崇禅寺(大阪府大阪市東淀川区)の細川ガラシャの墓
崇禅寺(大阪府大阪市東淀川区)の細川ガラシャの墓

細川ガラシャの最期は、現代の感覚からすればあまりにも壮絶なものでした。通説では関ヶ原開戦に伴い、細川家を西軍に引き入れようとした石田三成が、その人質としてガラシャを要求したことに端を発します。そして、三成の人質になることを受け入れなかったガラシャは、敵の手に渡ることなく死を選んだのです。

こうした内容は戦国ファンの良く知るところだと思いますが、この記事ではそうしたガラシャの最期について詳しく検証していきます。特に三成がなぜ細川家に固執したのかという環境面や、最期の様子を解き明かすことで見えてくるガラシャの死因を重点的に考える記事になっています。
(文=とーじん)

ガラシャの本名は「玉子」であるという説が一般的ですが、この記事では便宜上彼女の洗礼名である「ガラシャ」に統一しています。

三成はなぜ細川家に固執したのか

まず、細川ガラシャの最期を知るうえで押さえておかなければならないのは「どうして石田三成は細川家に固執したのか」ということです。

慶長5年(1600年)、打倒徳川家康をかかげて挙兵した三成は、細川家にガラシャの引き渡しを要求したのち、それを拒否されると細川邸を襲撃してまでガラシャを確保しようと躍起になりました。これは言うまでもなく、ガラシャが死を選ばざるを得なくなった大きな要因です。

三成の行動を知るうえで重要になってくるのは、細川家という大名一家のもちあわせていた「豊臣家臣」としての位置づけです。

関ケ原の戦いは秀吉亡き後の後継者を決める一戦であり、三成と家康はお互いに自分の味方を募る必要がありました。そこで両者はまず、豊臣家臣として厚遇されていた人物たちを自陣営に引き入れようと画策します。

彼らは優れた武将としてだけでなく、他大名への強い影響力を保持していました。つまり、陣取り合戦でそうした家々を味方に引き入れることは、戦そのものよりも重要なことでした。細川家は豊臣家臣として厚遇されていただけでなく、血統も勢力も一流の名家だったのです。

こうした事情を整理すると、三成が彼らを味方に引き入れることに躍起になったのも頷けます。他にも、同様の人質請求を加藤嘉明や加藤清正などの秀吉との距離が近かった武将たちに行なっています。

しかし、ガラシャの文字通り決死の抵抗にあったことで人質の確保による戦略はとん挫し、三成は同様の方法での味方集めを断念しています。したがって、ガラシャの行動は関ヶ原の大勢にも影響を与えたと考えることができるでしょう。

三成による人質要求とガラシャ最期の様子

さて、ここからは三成によって人質の請求が行なわれてから、ガラシャが死を迎えるまでの様子をみていきましょう。

参照する史料は大きく分けて2通りあり、ガラシャの侍女であった「霜」という人物が後年になって当時の様子を書き残した『霜女覚書』と、イエズス会の宣教師たちが残した書翰があります。この両者は基本的な内容こそ同じですが、ガラシャの死因については異なる部分もあるので、その点に関しては補足を加えていきます。

『霜女覚書』によるガラシャの最期

慶長5年(1600)の7月ごろ、豊臣方が大名の人質を取るという噂が流れたため、細川家でもそれを検討しました。その結果、いかなる場合でも人質を出すことはできないという結論で合意しています。

すると、三成は使者を派遣して内々にガラシャを人質にするよう頼みました。しかし、当然ながらガラシャはその要求を断ります。次に、三成は妥協してガラシャに譲歩した形の案をよこしました。その内容は、ガラシャを一時的に宇喜多家に移すというものでした。

宇喜多は豊臣の大名でしたが細川家の親類にあたるため、はたからみれば人質には見えないという効果がありました。三成は細川家が体面を気にしていると考え、このような提案をしたようです。しかしこの妥協案も拒否すると、三成からは武力の行使も辞さないという通達が届きます。

この段階に至って、ガラシャの運命はほぼ決まってしまいました。なぜなら、主人忠興によって人質となることは禁じられ、有事の際には家臣ともども死を選ぶようにと言伝されていたからです。

そして、言葉通り三成は細川邸を急襲します。屋敷では、細川家臣の稲富祐直・河喜多石見・小笠原少斎が作戦を練り、祐直が敵を防いでいる間にガラシャが最期を迎えるよう取り計らいましたが、祐直が裏切ったことにより最期を早める必要に駆られました。そこで、少斎は敵と果たしあうための長刀を用いてガラシャの介錯役を務めました。

イエズス会書翰によるガラシャの最期

ガラシャは祈りを捧げ終えると自分一人で死ぬことを望み、家臣たちを退避させました。その間に家臣たちは屋敷中に火薬をばらまき、そのさなかに少斎に介錯をさせました。

その後、家臣たちはガラシャと同じ場所で果てるのは恐れ多いと彼女のそばを離れ、屋敷内で全員が切腹し果てました。家臣たちは切腹と同時に屋敷に火を放ち、その火が先ほど撒いた火薬に引火して屋敷は爆発を起こし、一夜にして灰塵と化しました。

その後、侍女たちは泣きながら最期の様子を宣教師たちに伝えると、宣教師たちも「あれほど稀有な徳をもっていた夫人を失ってしまった」と深い悲嘆に暮れました。

ガラシャの最期は「自殺」なのか

さて、ここまでの両者の史料で「ガラシャが最期は少斎によって介錯をされた」ということについては確かであることが分かりました。今風に言えば介錯は「自殺の手伝い」に相当するため、ガラシャの死は自殺といっても差し支えないと思われます。

しかし、こうなるとカトリックである彼女には信仰上の問題が生じます。キリスト教では、原則的に自殺が認められていないためです。そのため、ガラシャは死期を悟ったころには、宣教師にたびたび相談をもちかけています。

ただ、この「自殺」に関する問題については宣教師側もかなり頭を悩ませたようです。これは、当時の日本では「自殺」は名誉を守るための当然の所作であった一方、それがキリスト教の教えに反するものだったからです。そのため宣教師によってさまざまな解釈がなされていましたが、ガラシャの場合に適用されたのはヴァリニャーノが表明した「死を回避できず他者に殺されることが大変な名誉の失墜となる場合であれば自殺はやむを得ない」という解釈でした。

したがって、ガラシャの死はキリスト教の教えに反する「自殺」という行為によってもたらされましたが、ヴァリニャーノの解釈を適用したことで教義に反することを回避できたという説が提唱されています。

ガラシャの辞世の句

ガラシャの辞世の句は次のようなものでした。

「ちりぬべき時しりてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」

この有名な辞世の句は、訳すると「散るべき時を知っているからこそ、この無常な世に桜はふさわしいのだ。そして、人もまたそのような人こそがこの世の人としてふさわしいのだ」というものになります。

ガラシャの生涯を振り返ってみると、自分の意志で何かを選択する場面はほとんどありませんでした。政略結婚と軟禁生活、挙句の果てには人質の要求。しかし、その最期の場面でガラシャはついに選択の権利を手にしたのです。

人質になるのではなく、名誉の死を選ぶ。この選択はガラシャの周囲の状況を鑑みれば、まさしく「ちりぬべき時知りてこそ」決断できた選択なのではないかと感じました。


【主な参考文献】
  • 上総英郎編『細川ガラシャのすべて』新人物往来社、1994年。
  • 年安延苑『細川ガラシャ』中央公論新社、2014。
  • 田端泰子『細川ガラシャ ―散りぬべき時知りてこそ― 』ミネルヴァ書房、2010年。



おすすめの記事


 PAGE TOP