丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン
  • 織田信長
 2019/04/12

「堀秀政」信長の馬廻衆の中でもかなり好戦派!?

堀秀政の肖像画(長慶寺所蔵)
堀秀政の肖像画(長慶寺所蔵)

織田信長に寵愛を受けたエリート武将の堀秀政。信長の死後も秀吉の下で出世街道を突き進んだが、秀吉の天下統一を目前にして謎の死を遂げてしまいます。本記事ではそんな彼の生涯を追ってみます。
(文=戦ヒス編集部)

信長の寵愛を受ける

秀政は天文23年(1553年)美濃国で堀秀重の嫡男として誕生しました。

父秀重ははじめ美濃の斉藤道三に仕え、次いで織田信長に仕えて近江坂田郡に3000石を与えられます。そうした中、秀政は一向宗の僧となっていた伯父・堀掃部太夫のもとで過ごしたとされています。

また、幼いころより頭も顔も良かったと言われ、かなり信長に寵愛されていたようです。実際、はじめは織田家臣の大津長昌や木下秀吉(のちの豊臣秀吉)に仕えていましたが、のちに信長に見出されて小姓に取り立てられています。一説に、信長が秀政を見るや「その綺麗な子をワシによこせ」と言って信長に仕えるようになったとか…。

信長が足利義昭を奉じて上洛したのが永禄11年(1568年)です。同時に若干16歳の秀政が15代将軍となった義昭の仮住まい普請奉行を任されている程だから、その俊才ぶりは間違いないでしょう。その他にも建築工事の責任者や外交の使者など様々な仕事をこなしていたというから驚きです。

馬廻でありながら、合戦でも大きく貢献

織田政権の誕生後、勢力の拡大にともなって信長自身が合戦で直接指揮することも少なくなると、馬廻衆の活躍の場も減っていきました。しかし、秀政だけは馬廻衆の身であっても合戦で多くの活躍した姿がみられるようになります。

天正5年(1577年)には、高い軍事力を持った傭兵集団・雑賀衆の討伐が実施されますが、このとき馬廻衆で秀政だけが信長本陣から離れ、佐久間信盛・羽柴秀吉らとともに一隊を率いて敵陣を襲撃しています。翌年の有岡城の戦いでは万見重元や菅屋長頼らとともに鉄砲隊の指揮を任されています。

また、天正7年(1579年)の信長の摂津出陣には従軍し、その後前田利家ら越前衆が応援にくると、秀政は越前衆とともに別所氏の播磨三木城攻めに駆り出されました。ただ、このときの秀政は合戦に参加したわけでなく、検使の役目だったとみられています。

信長の二男である織田信雄が総大将となった天正9年(1581年)の第二次天正伊賀の乱の際にも、近江衆を率いて信楽口から進軍し、合戦の勝利に貢献しています。

このように秀政は近習として信長を補佐するだけでなく、一武将として見事な働きをしているのです。その戦いの働きぶりもさる事ながら、先に述べた政治や外交手腕など文武両道を遺憾なく発揮して、同年に近江国坂田郡に2万5千石を与えられました。

<>

その実力は信長の腹心である丹羽長秀と比較されるほどに優秀だったとされます。長秀の通称は五郎左衛門尉といい、信長からは「米五郎左」と言われていました。お米は毎日の生活で欠かせない貴重なものであり、長秀も米同様に欠かせない存在として評されています。

その長秀と同じように秀政も「名人久太郎」と言われ、そこから名人と言われるようになったようです。

本能寺の変以後

天正10年(1582年)には本能寺の変が勃発。このとき秀政は秀吉の軍監として備中国(現在の岡山県西部付近)に出兵していたが、信長の死を知って中国大返しを敢行する秀吉軍に合流しています。

信長の弔い合戦となった山崎の戦いでは、明智光秀の討伐に並々ならぬ強い思いがあったのでしょうか。秀政はこの合戦において高山右近とともに先陣を務めており、光秀の援護にきた従兄弟の明智秀満を坂本城に追い込んで自害させています。

その後は秀吉に従い、柴田勝家派と秀吉派による天正11年(1583年)賤ヶ岳の戦いや、翌天正12年(1584年)の小牧長久手の戦いでも一貫して秀吉方として参加しました。

天正13年(1585年)の紀州攻めや四国攻めで武功を立てると、その恩賞として丹羽長秀の遺領である越前国北ノ庄18万石を拝領。さらに同年中に秀吉が関白になってからは従四位下・侍従兼左衛門督に叙任されるなど、ますます忙しくなってきます。

豊臣政権による天下統一戦は続き、秀政は天正14-15年(1586-87年)の九州征伐でも先鋒を務めました。そして天正18年(1590年)の小田原征伐にも当然のごとく参加しますが、最中に突如として病気にかかり、天下統一の世をみることなく陣中で急死となりました。享年38。

まとめ

エリート武将の突然の死は色々な疑惑を残したまま謎に包まれています。

北条家の刺客に暗殺された、秀政の出世に嫉妬した他の武将たちに毒を盛られた etc…。数々の陰謀論が飛び交っていますが、真相はすべて闇の中です。


【主な参考文献】
  • 谷口克広『信長の親衛隊 戦国覇者の多彩な人材』(中公新書、1998年)
  • 谷口克広『織田信長合戦全録 -桶狭間から本能寺まで』(中公新書、2002年)
  • 谷口克広『信長軍の司令官 -部将たちの出世競争』(中公新書、2005年)
  • 太田牛一『現代語訳 信長公記』(新人物文庫、2013年)



関連タグ



おすすめの記事


 PAGE TOP