丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン
  • 上杉謙信
 2019/01/18

「宇佐美定満」謙信の軍師として名高い男の実像に迫る!

宇佐美定満の肖像画

武田信玄にとっての軍師は「山本勘助」と言うように、上杉謙信の軍師と言えば戦国好きなら誰もが「宇佐美定満」と答えるのではないでしょうか。しかし、この定満は、上杉四天王・上杉二十五将や越後十七将の一人に数えられるわりに、実は資料に乏しく実像がはっきりしていないため多くの謎が残っている人物なのです。

今回は「宇佐美駿河守定行」としても知られる宇佐美定満の実像に可能な限り迫ってみたいと思います。
(文=趙襄子)

宇佐美一族のルーツと定満の誕生

定満の誕生を紹介する前にまずは宇佐美氏の成り立ちから見て行きましょう。

宇佐美氏の初代は頼朝の旗揚げ時からの家臣であり有力御家人であった工藤三郎祐茂といい、伊豆国宇佐美荘(静岡県伊東市)に領地を与えられたことで次第に領地の名を取って宇佐美と名乗りを変えていったようです。

宇佐美氏は在地ではかなりの実力者であったらしく、その子孫は「吾妻鑑」始め「太平記」や「梅松論」などの書物にもちらほらと登場するなど存在感がありました。

そんな宇佐美氏が越後に入部したのは南北朝時代のこと。越後守護に任じられた上杉憲顕に従ってだったといいます。 越後守護・上杉氏の家臣として入部した宇佐美氏は琵琶島城を与えられ、在地の有力国人である北条氏や斎藤氏の押さえとして配置されたようです。

定満は1489年(延徳元年)に越後守護・上杉定実の家臣であった宇佐美房忠の子として誕生したとありますが、一説に琵琶島城主・宇佐美越中守孝忠が父との説もあることから出自に関してはよく分かっていません。

代々越後守護を世襲するのは越後上杉氏が主流でしたが、本家に万が一何かあった場合の備えとして他に三つの分家があり、それぞれを上条上杉氏、山本寺上杉氏、山浦上杉氏と言いました。主である上杉定実は上条上杉氏出身であったことから定満は上条氏に仕えていたといいます。

しかし、上杉定実が越後守護というのは名ばかりでした。なぜなら定実は家来筋にあたる越後守護代・長尾為景によって越後守護の座に擁立された経緯があり、実際の越後国の実権は為景によって握られていたからです。

そんな傀儡に過ぎない定実は今の現状に満足するわけがなく日々不満ばかりが募っていったことでしょう。そしてそんな主の境遇を慮ったであろう定満もまた戦に巻き込まれていくのでした。

VS長尾為景

越後守護代・長尾為景の専横に越後守護である上杉定実の不満は頂点に達し、とうとう定実は弟である上条定憲を始め越後北部に割拠する国人・揚北衆の協力を得て為景との全面対決に及びました。

定満も主君・定実に従って長尾為景討伐軍の一翼を担い、一時は為景の本拠地である春日山城を占拠するなど優位に戦いを進めていました。ですが長尾為景は戦上手の名将。上杉謙信の実父ですから血は争えないのかも知れません。結果的に上杉定実は長尾為景に敗れました。

1536年(天文5年)に春日山城下で敗北した定実は為景に降伏し、定満もまた以後は長尾為景、為景の長子である長尾晴景、後に上杉謙信となる長尾景虎と三代に渡って仕えることになったのです。

ですが一方で全く違う話もあります。
宇佐美定満は長尾為景と敵対するどころか逆に兵を挙げて為景を助けてその功によって為景から駿河守を名乗ることを許され、為景に従って加賀で転戦した挙句に大功を立てた定満は加賀国松任城主に収まったと言いますが定かではありません。

謙信の軍師・宇佐美定満

為景に降伏した定実主従でしたが、これで為景の勝ちになったかと言えばそうではありません。何と定実の弟である上条定憲が奮戦し、逆襲にあった為景が隠居に追い込まれてしまったのです。
そして為景の嫡子であった晴景が後を継いだのですが病弱な晴景では越後の国人衆を手懐けることができず、声望の高かった謙信を当主に据える動きが活発化し内乱となるも劣勢に追い込まれた晴景が謙信に家督を譲ったことによって謙信こと長尾景虎が国主の座に収まったのです。

実はこの間の定満の史料があまり残っておらず、実績がよく分かっていないのが現状です。為景に降伏した後の定満は定実と袂を分かち、古くから交友のある長尾氏の分家の一つである上田長尾家を頼ったと言います。

ですが定満に対する待遇はあまり良くなく、1551年(天文20年)に謙信の家督相続に不満を持った上田長尾家の当主であり坂戸城主であった長尾政景が謀反を起こした際は謙信に味方して武功をあげ、それ以降定満は謙信に仕えるようになったようです。

1559年(永禄二年)に謙信が上洛した際は太刀を献上し謙信を祝った定満は「琵琶島殿」と呼ばれ、越軍の外様・譜代衆の序列第十二位に配されたとの記録が残っています。

1561年に謙信が10万の大軍でもって関東に遠征した帰りに鎌倉の鶴岡八幡宮に詣で、庇護を求めてきていた関東管領・上杉憲政から正式に関東管領の職と山内上杉家の家督を相続した際には越後一の猛将である柿崎景家、越中方面司令官・河田長親、川中島の戦いで殿軍を務め武を示した甘粕景持とともに「御先士大将」を務めました。

そんな老齢も佳境に突入した1564年(永禄7年)、突然その時は訪れたのです。

定満・長尾政景とともに溺死す

定満と古くから交友があり、謙信の軍門に下った長尾政景に招かれて城近くの野尻池で舟を浮かべ酒盛りをしていた最中のことでした。突然船が転覆し二人とも溺死してしまったのです。

このあまりにも出来過ぎた話に謙信の命で定満が政景を粛清したという話もありますが、定満の独断とする説もあります。

当時政景の率いる上田長尾氏の軍勢は越軍の中でも最強を謳われていました。それを率いる政景の謙信に取って代わろうとする野心がまだ消えていないことを察知した定満は自らを犠牲にして謙信の覇業を助けようとしたらしいのですが、真相は定かではありません。

ただ、この事件の影響があったのか、宇佐美氏はこの事件の後に没落の一途を辿ったようです。仮にも謙信の姉の旦那であった長尾政景を溺死させてしまった責任を取らされたのか、または政景の嫡男が後に謙信の後継者となる上杉景勝であったことを考えると仕方のないことなのかも知れませんが後味の苦い事件ですね。




おすすめの記事



 PAGE TOP