丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「岡部元信」義元の首を信長からもらいうけた不敗の猛将

桶狭間の戦いで今川義元が信長にあっさり討ち取られたり、武田信玄が攻め込んで来た際は瞬く間に滅亡してしまったり今川軍って弱いというイメージはありませんか?

答えは違います。もちろん玉石混合なのですが仮にも大大名となった今川家の中には綺羅星の如く武将がいたのです。今回は戦えば負けるどころかオマケまで持って帰り、主家には従順過ぎるくらいの忠義を示すものの運に恵まれなかった不敗の猛将・岡部五郎兵衛元信をご紹介します。
(文=趙襄子)

元信 今川家に仕える

元信がいつ頃誕生したのかは不明ですが、父は今川家の重臣であり、今川義元の家督相続の際にも多大な貢献をした岡部親綱とあります。一説には武田家滅亡後に徳川家に仕えた岡部正綱の弟ともいわれていますが定かではありません。

元信の幼少期はよく分かっていませんが、元信が初めて活躍したのは天文17年(1548年)、今川義元が尾張の織田信秀と争った第二次小豆坂の戦いでのことでした。この戦いで元信は敗走しかけた今川軍を救うために筋馬鎧に猪の立物を兜につけて織田軍に横槍を入れ、今川軍の逆転勝利に貢献したといいます。

続けて翌天文18年(1549年)には信秀と西三河の領有を巡って起こった安祥城の戦いでも元信は義元の軍師・太原雪斎に従って戦功を上げ、その戦上手を買われてなのか、最前線の尾張鳴海城の在番を命じられ、これに見事応えた元信は義元から感状を与えられました。

ただ、元信が真骨頂を発揮するのは、それから11年後のことになります。

元信 義元の首を取り返す

永禄3年(1560年)、義元の命により鳴海城に入っていた元信は織田軍と交戦していました。しかし主君の義元は大軍を動員し、満を持して上洛しようとするも、先手を打った織田信長からの奇襲攻撃を受け、田楽狭間にてあっけなく首を獲られてしまいます。

今川軍は何が起こったのか分からなかったことでしょう。雪崩を打って敗走する中、元信だけは鳴海城に留まったといいます。そして攻めてくる織田軍をことごとく退けました。

これでは埒が明かないと思ったのか、信長は元信に開城するよう迫ります。その条件として元信は「義元公の御首をお返し願いたく…。」とでも言ったのでしょうか?この忠義に信長は感動して義元の首を丁重に棺に納めた上で送り届けたといいます。棺を受け取った元信は義元の棺を輿に乗せると先頭に立てて堂々と鳴海城から引き揚げて行ったそうです。

戦功の無いまま帰国するのを良しとしなかった元信は、織田方に寝返った水野信近の居城である刈谷城にわずか100程の手勢で攻め掛かり、城下に火を放って混乱したところで信近を討ち取り、今川家の威信を示しました。

この行いに感動した、義元の嫡子であり今川家の跡目を継いだ今川氏真は「忠功比類なし」と記した感状を与えて加増しただけではなく、氏真の「真」を用いて名を「真幸」と名乗ることを許したともいいます。

そんな厚遇を以って氏真に仕えることになった元信でしたが、氏真では瓦解する今川家を支えることができませんでした。

甲斐の虎・武田信玄が早々に見切りをつけて今川との同盟を破棄し、永禄11年(1568年)に駿河国の今川領に侵攻して来ると、抗いきれなくなった氏真は駿府を追われ、今川家はここに滅亡してしまいます。

主家を失ってしまった元信は武田家に降伏し、信玄に仕えることになりました。

元信 武田家に仕える

やがて信玄が元亀4年(1573年)に上洛の途上で亡くなると、信玄の四男である武田勝頼が武田家の跡目を継ぐことになりました。

偉大なる父・信玄を越えなければいけないプレッシャーに躍起になっていた勝頼は、翌天正2年(1574年)に、徳川方の拠点の一つで、かつて信玄でさえも陥落させることができず、「高天神を制するものは遠州を制す」と謳われた遠江の最重要拠点・高天神城を落とすことに成功。そして元信がこの高天神城の城将を任されることになるのです。

しかし、高天神城攻略で鼻が高くなったであろう勝頼は、天正3年(1575年)に三河国の長篠城を巡って織田・徳川連合軍と衝突し、重臣の進言も聞かずに設楽ヶ原で大敗となって甚大な被害を受けてしまいます。後世に「長篠の戦い」と呼ばれるこの合戦で敗れた武田家は、一転して攻める側から攻められる側へ、劣勢になります。

以後、勢いに乗った徳川軍による遠江の武田領への侵攻が活発になる中で、元信は何度もその侵攻を阻みました。勝頼はその戦功に報いるために元信に対して所領を加増することで応えました。それは2000貫文に及んだといいます。

それだけの規模の加増は武田一門でもない限りありえないと言われ、いかに元信が斜陽の武田家に尽くしていたかが分かります。そんな懸命に侵攻を食い止める元信でしたが、次第に追い詰められ、高天神城は徳川軍によって完全に包囲されてしまうのです。

元信 最後の戦い

天正8年(1580年)、兵糧攻めに持ち込まれ蟻の這い出す隙間もないほどに包囲された高天神城にあって元信は勝頼に救援を要請。しかし内部で揉め外威からも圧迫されていた勝頼は動くことができず、とうとう武田軍が救援として現れることはありませんでした。

包囲は翌年も続き城内の食料はすでに底を尽き草木をかじって飢えを凌がざるを得ない状況にまで追い込まれた元信はついに家康に降伏することを決意し使者を派遣しますが、信長にきつく言い含められていた家康はこの申し出を拒否します。

勝頼に見捨てられ、家康にも降伏を拒否された元信に道は一つしか残されていませんでした。討って出ることを決意した元信はその夜、城内にわずかに残った酒で訣別の宴を開くと、翌天正9年(1581年)3月22日、元信は残った城兵を率いて城から討って出て討ち取られました。

元信の討死により高天神城は落城し、元信の首は家康により安土城の信長の元に送られました。元信の首を勝頼が取り返してくれることは無く、元信からの救援要請を握り潰した武田家は一気に信用を失い滅亡にひた走るのです。





おすすめの記事

 PAGE TOP