丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

徳川家康が武田軍に大敗を喫した合戦は何でしょう?

武田軍の侵攻により、徳川家康が大敗したことで知られる合戦は次のうち、どれでしょうか?

( 正解率は 86 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「三方ヶ原の戦い」

  回答内訳

15人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

姉川の戦い (1回答、6%)
三方ヶ原の戦い (13回答、86%)
長篠の戦い (1回答、6%)
小牧、長久手の戦い (0回答、0%)
 解説

1573年に現在の静岡県浜松市の三方ヶ原で激突したのが、織田信長包囲網に合わせて進軍してきた武田信玄と織田信長、徳川家康の連合軍の戦いでした。

当時、戦国最強と呼ばれていた武田の騎馬隊の前に、徳川家康が大敗を喫した戦いでした。三方ヶ原の戦いで圧勝した武田信玄でしたが、その後すぐに病で亡くなり武田は滅亡への道を辿っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事