山本勘助、武田家の前はどこに仕官しようとしていた?

山本勘助の肖像画(松本楓湖作、恵林寺蔵)

山本勘助と言えば、武田信玄の軍師として有名です。でも実は武田家に仕える前に、別の戦国武将に雇って欲しいと願い出ていました。 勘助を雇うに至らなかった、その戦国武将とは誰でしょうか?

( 正解率は 70 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「今川義元」

  回答内訳

47人 が回答済です

北条氏康(4回答)
8%
上杉謙信(6回答)
12%
今川義元(33回答)
70%
織田信長(4回答)
8%

※未回答での閲覧回数は 0回

 解説

信玄が勘助を召し抱えるべく、自分のところに招こうとしたとき、勘助は駿河国にいました。今川義元に仕官を願って、駿河にずっと留まっていたのです。

そのころ信玄は、城の構え方や設計を得意とする者を欲していました。そこで家臣の板垣信方が薦めたのが、山本勘助だったと言われています。

最初に勘助は、知行を100貫与えると言う約束で、信玄の元を訪れました。これは、他国にも名声の届く人物だとしても、新参の浪人に対しては破格の好条件でした。しかし勘助の話を聞くうちに、その知識の深さと、諸国の事情もよく知っていることから、知行を200貫に増やして召し抱えることにしました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事