丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

立花宗茂の実の父親は誰でしょうか?

後に柳河藩の藩祖となった立花宗茂は14歳のときに養子にだされています。実の父親は誰でしょうか?

( 正解率は 35 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「吉弘鎮理(よしひろしげまさ)」

  回答内訳

14人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

戸次鑑連(べっきあきつら) (6回答、42%)
吉弘鎮理(よしひろしげまさ) (5回答、35%)
大友義鎮(おおともよししげ) (2回答、14%)
角隈石宗(つのくませきそう) (1回答、7%)
 解説

戸次鑑連(べっきあきつら)。後の立花道雪(たちばなどうせつ)。立花宗茂の養父となりました。 吉弘鎮理(よしひろしげまさ)。後の高橋鑑種(たかはしあきたね)。紹運(じょううん)の法号で知られている。立花宗茂の実の父です。

大友義鎮(おおともよししげ)。大友氏21代当主。宗麟(そうりん)の法号で知られている。角隈石宗(つのくませきそう)。大友家の軍配者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事