難攻不落の稲葉山城をわずか数名で乗っ取った武将は?

円徳寺所蔵の岐阜城図

斎藤龍興の居城・稲葉山城は織田信長も攻略に失敗した難攻不落の城でした。さて、この稲葉山をわずか16人で乗っ取ったとされる人物は誰でしょうか。

( 正解率は 89 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「竹中半兵衛」

  回答内訳

66人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 4回

山本勘助 (1回答、1%)
黒田官兵衛 (5回答、7%)
竹中半兵衛 (59回答、89%)
片倉小十郎 (1回答、1%)
 解説

竹中半兵衛は斎藤龍興に仕えていました。しかし、主君龍興は酒色に溺れ、一部の家臣のみを優遇するため、半兵衛は主君の奢りを戒めようと斎藤氏の居城である稲葉山城の乗っとりを計画します。

稲葉山城には半兵衛の弟・久作重矩が人質となっていました。弟に仮病を偽らせて見舞いに行くのですが、箱に医療道具を入れたと見せかけて武具を城内に持ち込み、わずか家臣16名で城の乗っとりを成功させています。

【関連記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事