山内首藤経俊が源頼朝の命を狙いながら、許された理由とは?

山内首藤経俊(鎌倉殿の13人版)のイラスト

御家人の山内首藤経俊(やまのうちすどう つねとし)は源平合戦の一つ、石橋山の戦いで源頼朝と敵対。その頼朝の命を狙って矢を放っているにもかかわらず、経俊は最終的に助命されましたが、それは一体なぜでしょうか?

( 正解率は 60 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「経俊の母は頼朝の乳母だったから」

  回答内訳

10人 が回答済です

頼朝の命を狙ったことは濡れ衣だったから(1回答)
10%
経俊の母は頼朝の乳母だったから(6回答)
60%
元々は頼朝の家臣だったから(1回答)
10%
不治の病に侵されていたから(2回答)
20%

※未回答での閲覧回数は 2回

 解説

山内首藤氏は、古くから源氏と関係が深く、源氏譜代の郎等ともいえるような一族でした。平治の乱には、経俊の父と兄が頼朝の父・源義朝に従って参戦しています。しかし、家督を継いだ経俊は、石橋山合戦では大庭景親の軍に従い、平家方として頼朝の前に立ちふさがります。合戦時に彼の放った矢が、頼朝の鎧の袖に刺さったというエピソードもあります。

その後、経俊は捕らえられ、所領の山内荘は取り上げられてしまいます。処刑が決まった経俊の助命を願い出たのが、彼の母・山内尼でした。彼女は頼朝の乳母(めのと)のひとりでした。

涙ながらに訴える乳母の姿に、頼朝は心動かされたのでしょうか。経俊はなんとか死刑を免れたのです。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります