江戸前期、旗本子息の中から現れた●●な者たちとは?

...
文化も制度も未発達だった江戸時代前期。旗本の青年武士やその奉公人らの中には、とある行動をする者が出てきて幕府も頭を悩ませたそうです。それはどんな行動でしょうか?次のうち、適切なものを選んでください。 ( 正解率は 50 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「乱暴狼藉」

  回答内訳

12人 が回答済です

倒幕運動(1回答)
8%
海外逃亡(1回答)
8%
乱暴狼藉(6回答)
50%
自殺行為(4回答)
33%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

 素行の悪い彼らは「旗本奴(はたもとやっこ)」と呼ばれ、派手な異装をして徒党を組み、戦国時代さながらの荒々しさで町中での乱暴狼藉を繰り広げていました。遊郭を根城に、博打や辻斬り、暴力行為などやりたい放題で、幕府も頭を悩ませたそうです。

 そんな旗本奴の中でも、有名なのが水野十郎左衛門(水野成之)です。町奴の幡随院長兵衛を殺傷した事件は、後に歌舞伎の題材にもなりました。


 こんなクイズもあります