清水宗治は豊臣秀吉に何を称賛された?

清水宗治の錦絵(落合芳幾 画)

豊臣秀吉は1582年の「備中高松城の戦い」で、敵将で毛利家の家臣・清水宗治が取った、とある行動を称賛したといいます。それはいったい何でしょうか?

( 正解率は 78 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「切腹したこと」

  回答内訳

19人 が回答済です

調略に応じなかったこと(3回答)
15%
切腹したこと(15回答)
78%
宴会を開いたこと(0回答)
0%
堤防を破壊したこと(1回答)
5%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

清水宗治は秀吉による備中高松城攻めの際、水攻めを受けて降伏。家臣たちの命を守るために切腹して果てました。そのときの立ち居振る舞いや潔さ、切腹の前に辞世の句を詠むといった一連の行動に対して秀吉は称賛したといいます。

これ以降、切腹は武士のプライドを守る手段として用いられ、江戸時代では武士が罪を犯した時の処刑方法として定着しました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事