「三日月の丸くなるまで●●領」って、どの大名家のこと?

東北地方の戦国大名家で「三日月の丸くなるまで●●領」(※●●には一族名が入ります)と謳われた一族は、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 44 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「南部氏」

  回答内訳

27人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 4回

伊達氏 (9回答、33%)
最上氏 (3回答、11%)
津軽氏 (3回答、11%)
南部氏 (12回答、44%)
 解説

陸奥の武家である南部氏は、戦国時代に入って当主が南部晴政になると、勢力を拡大して陸奥北部を掌握。南部氏の最盛期を築き上げています。

「三日月の丸くなるまで南部領」とは三日月の時から歩き始め、満月になってもまだ南部家の領地というくらい南部家の領地は広いという例えです。

東北の大名と言えば伊達政宗を思い浮かべる人が多いと思いますが、南部晴政も伊達政宗に引けを取らないくらい優れた戦国武将だったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事