遠方に馬を贈りたいとき、戦国大名はどう対応していた?

馬にのる武将イラスト

室町時代、馬は贈り物として代表的な品物でした。しかし戦国時代に入り、遠隔地間の贈答が盛んになると、馬を贈るべき機会なのに実物の馬を連れていくのが難しい場合も出てきます。さて、そのようなときに大名たちはどう対応していたでしょうか?

( 正解率は 32 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「馬代として、お金を包む」

  回答内訳

25人 が回答済です

おとな馬ではなく、仔馬を連れてゆく(7回答)
28%
相手の住まいの近くで馬を買って贈る(8回答)
32%
馬代として、お金を包む(8回答)
32%
馬の毛を贈る(2回答)
8%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

戦国大名たちは馬を贈るべき時に、現物が準備できなかったり、現物を贈るのが現実的でない場合、「馬代」として相当額を包んでいました。相場は現代換算で10万円程度です。

馬に限らず、「〇〇代」として現金を贈ることはよく見られました。物理的に現物を届けるのが難しい場合以外にも、自分より格下の相手に贈り物をするときもこの手法が取られました。

現代ではカタログギフトや商品券のほうが喜ばれることもありますが、当時は「現物を用意する」手間をかけてくれるか否かが一層重視されていました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事