丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

戦国時代、本能寺は現在のどこにあった?

旧本能寺跡

織田信長が非業の死を遂げたことで有名な本能寺。現在も境内にある信長父子の墓を、多くの人がお参りしていますが、 信長が実際に死んだ時の本能寺は現在のどこにあるのでしょうか?

( 正解率は 36 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「現在の本能小学校跡付近」

  回答内訳

22人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

現在の本能寺と同じ (1回答、4%)
現在の二条城付近 (5回答、22%)
現在の京都御苑(御所)の南西角付近 (8回答、36%)
現在の本能小学校跡付近 (8回答、36%)
 解説

廃校になった元の本能小学校跡地で、現在は老人ホームや高等学校の施設が立っている付近が、 信長が死んだ時の本能寺があった場所で、本能寺跡の石碑が建てられています。

元本能寺町などの町名からも往時が偲ばれます。秀吉の時代になってから、秀吉による京の街再編成で現在の場所に移されました。

因みに、御所南西角付近は信長による二条城があった場所で、現在の二条城は徳川家康の築城に始まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事