織田信長は桶狭間の出陣前に、どんな姿勢でご飯を食べた?

歌川豊宣『尾州桶狭間合戦』

1560年、桶狭間(おけはざま)の戦いの出陣前の食事の際、織田信長はどのような姿勢で食事をとったのでしょうか?

( 正解率は 59 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「立って」

  回答内訳

119人 が回答済です

立て膝座りで(21回答)
17%
立って(71回答)
59%
あぐらをかいて(20回答)
16%
正座で(7回答)
5%

※未回答での閲覧回数は 21回

 解説

信長は桶狭間の戦いの出陣前に、「敦盛」を舞い、戦支度を整え、立ったまま食事をしたという、『信長公記』の記述から、彼の神経質でせっかちな性格がよくうかがえます。

信長が立ったまま食べた物は、好物の一つの「湯漬け」だといわれています。 湯漬けの中には、焼き味噌をよく入れていたそうです。戦の前や軍議の前など、大事な局面には湯漬けを食べていたとか。直火で炙った焼き味噌には、生姜や酒が入っていて疲労回復効果があり、戦が長引いても安心だと思っていたようです。

この湯漬けと焼き味噌は戦国武将の勝負飯の代表的なもので、腹持ちがよくて栄養価も高く、すぐ食べられることで重宝されたようです。

尾張特産品の豆味噌を使った焼き味噌を、豊臣秀吉も好んでいます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事