上杉謙信が攻めた能登国にある城の名前は?

七尾城の桜馬場石垣(石川県七尾市。出所:<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%B0%BE%E5%9F%8E" target="_blank">wikipedia</a>)

天正4年(1576年)、上杉謙信は越中国から能登国へと進軍し、畠山氏の居城を包囲しました。さて、この城の名は何でしょう?

( 正解率は 93 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「七尾城」

  回答内訳

58人 が回答済です

松倉城(1回答)
1%
七尾城(54回答)
93%
尾山御坊(1回答)
1%
鳥越城(2回答)
3%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

織田信長と雌雄を決したい謙信は、そのルート上にあたる能登国を安定させようとしました。 しかし能登畠山氏の家中では織田派と上杉派に分裂しており、謙信としてはどうしても抑えておく必要があったのです。

結果的に七尾城攻城戦がおこなわれ、謙信は約10ヶ月にも及ぶ包囲を続けたあげく、ようやく落城させました。また、七尾城は日本五大山城に数えられるほどの巨城だったそうです。のちに能登は前田利家が領有することとなりましたが、金沢城を築城したことによって七尾城は廃城となりました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事