本能寺の変直後、黒田官兵衛は羽柴秀吉にどんな言葉を掛けた?

黒田官兵衛2

本能寺の変が起こった直後、黒田官兵衛は狼狽する秀吉にどのような言葉を掛けたのでしょうか?

( 正解率は 76 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「これで殿のご運が開けましたな」

  回答内訳

94人 が回答済です

もはや戦いは無意味。降伏しましょう(8回答)
8%
信長公の菩提を弔って剃髪しましょう(4回答)
4%
一刻も早く味方を募るべきです(10回答)
10%
これで殿のご運が開けましたな(72回答)
76%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

1582年、本能寺の変が起こった時、羽柴秀吉と黒田官兵衛は備中高松城を水攻めにしていました。変の翌日になって飛脚がやって来て、織田信長が横死したことを知ります。

名将言行録によると、官兵衛は秀吉の側に歩み寄ってこう言ったとされています。「君のご運が開かれる手はじめでございますな。うまくなされませ。」

このあと、羽柴軍は猛烈な中国大返しをやり遂げるのですが、信長を失った直後にもかかわらず状況を分析し、主君の背中を押すという冷静な側面がうかがい知れます。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります