初代執権・北条時政が失脚した理由とは?

北条時政の錦絵(歌川芳虎 画)

初代執権として鎌倉幕府の実権を握った北条時政ですが、晩年には失脚します。失脚の理由は次のうちどれでしょうか。

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「将軍排斥の企てが発覚した」

 解説

2代将軍頼家の弟・実朝が将軍の座に就くと、北条時政はその外祖父(母方の祖父)の立場で政所別当となりました。幼い実朝の補佐を名目に、幕府の政治を徐々に牛耳るようになったのです。

その後、息子・義時との折り合いが悪くなった時政は、妻の牧の方と共謀し、現将軍の実朝を排して、娘婿の平賀朝雅(ひらが ともまさ)を新たな将軍に擁立しようとします。しかし、この企みは事前に露見し、時政は幕府内での立場を失ってしまいます。間もなく時政と牧の方は、政子と義時によって鎌倉を追放されてしまいました。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります