柴田勝家が使用したヒヨコデザインの家紋、これは何の鳥?

柴田勝家の家紋

戦国武将の家紋にはさまざまなタイプがありますが、柴田勝家が用いたヒヨコデザインの家紋も有名なものです。ちなみにこれは何の鳥だった?

( 正解率は 41 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「雁(がん)」

  回答内訳

97人 が回答済です

雀(すずめ)(43回答)
44%
鳥(からす)(8回答)
8%
鶴(つる)(6回答)
6%
雁(がん)(40回答)
41%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

柴田勝家が用いた家紋は、二羽のかわいい鳥が縦に並んだ可愛らしいデザインです。この家紋を「二つ雁金(かりがね)」と呼びます。

これは雁(がん又は、かり)を表し、下の雁は口を閉じ、上の雁は口を開けています。これは阿吽の呼吸を表現していて、意気を合わせる、考えが一致することを示すそうです。

また雁特有の鳴き声は「良い知らせを運ぶ」とされ、縁起の良い鳥とされました。雁は群れで移動する事から結束や絆を意味します。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります