戦国武将が狩りの時に使い、贈り物としても頻繁にやりとりされた鳥は?

大名と鷹狩りイラスト

戦国武将の間で人気の娯楽に狩猟があります。狩猟にもいろいろ種類がありますが、中でも「ある鳥」を使い、小動物や小鳥をとるものが特に人気でした。

愛好者の間で贈り物としても頻繁にやりとりされた、その「ある鳥」とは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 100 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「タカ」

  回答内訳

19人 が回答済です

ワシ(0回答)
0%
タカ(19回答)
100%
ハト(0回答)
0%
カラス(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 1回

 解説

狩猟の中でも鷹狩は武将たちに好まれました。織田信長や豊臣秀吉、徳川家康の三英傑はそれぞれ鷹狩に関する逸話を持っています。

鷹狩に適した鷹は東北でとれたので、佐竹家や伊達家など東北の諸大名にとって鷹は重要な外交カードでした。彼らは鷹を定期的に贈ることで、室町将軍家や上杉謙信、織田信長といった有力大名と友好関係を築いていました。

鷹のみならず、鷹がとった獲物も貴重な贈り物としてやりとりされ、将軍家や天下人は毎年正月に天皇家に対し鷹の獲物を献上していました。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事