日本初のメガネは誰に献上されたもの?

...
13世紀後半にイタリアで発明されたメガネですが、日本に初めて入ってきたメガネは誰に献上されたのでしょうか? ( 正解率は 48 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「大内義隆」

  回答内訳

60人 が回答済です

山名宗全(5回答)
8%
北条早雲(10回答)
16%
大内義隆(29回答)
48%
織田信長(16回答)
26%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

 メガネが初めて日本へ伝わったのは天文20年(1551)のこと。宣教師フランシスコ・ザビエルによってでした。

 鹿児島へ来着したザビエルは京都を目指しますが、戦乱で荒れ果てた京都での布教は思うに任せず、西の京と呼ばれた周防の山口へ向かいました。周防国は大内義隆が治めていましたが、ここでザビエルは義隆に謁見し、望遠鏡・鏡・小銃などを献上します。

 その献上品の中にメガネが含まれており、このことから最初にメガネを掛けた日本人は大内義隆だったとされています。


 こんなクイズもあります