石田三成が結城秀康に贈った銘刀は?

加藤清正らによる石田三成襲撃事件の後、結城秀康が護衛として三成を佐和山城に送り届けていますが、このとき、三成が結城秀康に贈った刀は何でしょうか?

( 正解率は 47 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「石田正宗」

  回答内訳

82人 が回答済です

石田長光(9回答)
10%
石田一文字(22回答)
26%
石田正宗(39回答)
47%
石田村正(12回答)
14%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

1599年、前田利家の死後、加藤清正や福島正則など、石田三成のことを良く思っていない武断派七将による三成襲撃事件が起こります。三成はその責任を取って奉行の職を辞し、佐和山城へ蟄居することになりますが、その際に三成を佐和山まで送り届けたのが結城秀康でした。

このとき三成は秀吉から拝領した愛刀を秀康に送り、秀康はこの正宗の銘刀を「石田(切込)正宗」と名付け、生涯愛用したといいます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事