明智光秀の一族が眠るお寺は?

西教寺にある明智光秀一族の墓

明智光秀の一族が眠るお墓が、明智一族の菩提寺にあります。さて、その菩提寺とは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 55 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「滋賀 西教寺(さいきょうじ)」

  回答内訳

60人 が回答済です

滋賀 比叡山延暦寺(5回答)
8%
滋賀 西教寺(さいきょうじ)(33回答)
55%
京都 妙心寺(みょうしんじ)(18回答)
30%
京都 本能寺(ほんのうじ)(4回答)
6%

※未回答での閲覧回数は 14回

 解説

西教寺は、比叡山の隣にある天台真盛宗の総本山です。聖徳太子が恩師のために、創建したと伝わっています。

比叡山の焼き討ちでこの寺も焼失しましたが、3年かけて光秀が本堂まで再興しました。光秀は、この寺を菩提樹と決め、近くに坂本城を建てており、両者の関係は深かったようです。また、光秀より6年も前に病死した、正室の煕子の墓もこのお寺にあります。

明智一族の墓の近くには、『明智軍記』に書かれている辞世の句を刻んだ碑があります。それには、「五十五年夢」という文字があり、光秀は享年55歳とされているようです。また、おしどり夫婦だったともいわれる、光秀と煕子の夫妻像も祀られています。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事