浜松城にある「若き日の家康像」はどんなポーズを取っている?

...
浜松城にある「若き日の家康像」ですが、どんなポーズを取った銅像でしょうか? ( 正解率は 31 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「兜の前立を持って前を見つめている」

  回答内訳

189人 が回答済です

顔をしかめて苦渋の表情をしている(94回答)
49%
馬に乗って采配を振るっている(28回答)
14%
兜の前立を持って前を見つめている(59回答)
31%
和服にブーツ姿で太平洋を見つめている(8回答)
4%

※未回答での閲覧回数は 27回

 解説

浜松城は、徳川家康が29歳から45歳までを過ごした城です。この城にいた家康は武田信玄を相手に戦い、甲斐・信濃を手に入れ、豊臣秀吉とも戦いました。徳川氏が飛躍するチャンスを掴んだといえます。 現在、浜松城公園内にある家康公の像(若き日の家康像)は、兜印(前立)の歯朶(しだ)を手に持ち、現在も浜松を見守っているかのような雰囲気です。ちなみに歯朶は勝草とも呼ばれ、武士にとって縁起の良い植物とされました。


 こんなクイズもあります