武田信玄が2度も敗北した相手とは誰か

戦国大名の中で最強の呼び声も高い甲斐の虎こと「武田信玄」が2度も敗北を喫した相手とは次のうち誰でしょうか?

( 正解率は 64 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「村上義清」

  回答内訳

108人 が回答済です

村上義清(70回答)
64%
小笠原長時(7回答)
6%
北条氏康(11回答)
10%
上杉謙信(20回答)
18%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

戦国時代に北信濃一帯の勢力をまとめ上げていたのが村上氏です。血統でいえば瀬戸内の村上海賊の親戚筋にあたります。

村上氏の当主・村上義清は、甲斐から信濃へ侵攻してきた信玄を迎え撃ち、天文17(1548)年の上田原の戦いと、天文19(1550)年の砥石崩れ、の2度も打ち破っています。

しかし、翌年に再度攻め込んできた武田軍に砥石城を攻略された後、武田軍の勢いに押されると、天文22(1553)年に、義清は居城である葛尾城を捨てて、上杉謙信を頼って越後へ逃れました。

なお、のちに上杉軍として川中島の戦いに参加し、再び武田軍を苦しめています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事