徳川家康の側近の呼称「徳川四天王」。さて、仲間外れは誰でしょう?

徳川家康の側近として特に活躍した武将を称えた呼称「徳川四天王」。では、次の武将のうち、徳川四天王に入らないのは次のうち誰でしょう?

( 正解率は 86 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「石川数正」

  回答内訳

30人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

本多忠勝 (1回答、3%)
石川数正 (26回答、86%)
榊原康政 (1回答、3%)
酒井忠次 (2回答、6%)
 解説

「徳川四天王」とは、酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政の4人の武将の事を指します。 元々は、本多・榊原・井伊の3人を「徳川三傑」と呼び始めたのが始まりとされ、後に酒井を加えて「徳川四天王」になったと言われています。

石川数正は徳川家の武将で、酒井忠次と共に活躍した家臣だったのですが、小牧長久手の戦い以後、豊臣家に出奔。 徳川家の軍事機密を握っていたため、この出奔は徳川家にとって大打撃でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事