家康が浅黄(薄い黄色)のふんどしを着用した理由は?

...
戦国時代、武将たちが好んだのは白いふんどしでしたが、徳川家康はあえて薄い黄色のふんどしを愛用していました。その理由とは? ( 正解率は 63 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「汚れが目立たないから」

  回答内訳

285人 が回答済です

汚れが目立たないから(181回答)
63%
金運がアップするから(48回答)
16%
信長の遺品だったから(23回答)
8%
その色の布地が安かったから(33回答)
11%

※未回答での閲覧回数は 71回

 解説

家康は倹約家で有名でした。ふんどしは洗濯の回数を減らすため、汚れが目立たないように浅葱色を選んだそうです。ほかにも、着物をボロボロになるまで着たり、手洗いの紙が風で飛ばされると必死に追いかけたりと、倹約エピソードが多く、そうした倹約があったからこそ、天下人となれたのでしょう。金をふんだんに使う秀吉とは真逆ですね。


 こんなクイズもあります