武蔵国の有力御家人・畠山重忠の有名なエピソードとは?

畠山重忠の浮世絵(月岡芳年 画『芳年武者无類』)

畠山重忠(はたけやま しげただ)は「坂東武士の鑑」と称された有力御家人です。彼の「ある特徴」を示すエピソードが、いくつも伝わっていますが、それは一体何でしょうか?

( 正解率は 29 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「怪力だった」

  回答内訳

17人 が回答済です

血気盛んだった(2回答)
11%
怪力だった(5回答)
29%
軍略に優れていた(3回答)
17%
美しい容貌だった(7回答)
41%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

『平家物語』でのエピソードによると、瀬田での合戦で馬を流された武者を片手で対岸に放り投げた話や、鵯越の逆落としで愛馬を背負って坂を下りた話などが伝わっています。

鎧や甲で30㎏近いのに、更に400㎏近い馬を背負うとは、まさに規格外の怪力です。

※参考
  • 『平家物語』(日本古典文学全集、小学館、1975年)


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります