江戸幕府の宗教統制はどのようなものだったか

江戸幕府は、寺請制度によって「宗門改め」をおこないました。これはどのようなものであったのか、選択肢の短文のうち正しいものを選んで下さい。

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「幕府は、武士や神職もふくめて全ての人々に寺院の檀家になることを強制した。」

 解説

幕府が宗門改めで問題にしたのはキリスト教と反幕府的な考えをもっていた日蓮宗不受不施派が弾圧の対象とされています。それ以外の信仰は特に制限は設けていませんでした。幕府のこれらの政策は1637年の島原の乱以後に実施されたものです。


 こんなクイズもあります