丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

光秀饅頭はどこで売っている?

明智光秀にちなんだ和菓子「光秀饅頭」。これが売っているのは、京都のどこでしょうか?

( 正解率は 19 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「東山(光秀の首塚がある)」

  回答内訳

31人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 4回

亀岡市(光秀の居城、亀山城址がある) (20回答、64%)
東山(光秀の首塚がある) (6回答、19%)
寺町通(本能寺がある) (1回答、3%)
伏見(光秀終焉の地「明智藪」がある) (4回答、12%)
 解説

現在の京都府亀岡市にあった亀山城から進軍し、本能寺で織田信長を急襲した明智光秀。その後まもなく山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れ、坂本城へ逃げる途中、現在の伏見区小栗栖「明智藪」で落ち武者狩りに遭い、もはやこれまでと自刃したといわれています。

このとき、家来が光秀の首を落とし、知恩院の近くまで来て埋めたとされる首塚が、東山区の白川のほとり残されています。この首塚のある路地の入口に、光秀饅頭を売る和菓子屋があります。なお、胴体を埋めたとされる胴塚が山科区にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事