「筆不精で臆病な性格」と分析されている、有名な戦国大名とは?

...
とある歴史研究家に「筆不精で臆病(おくびょう)な性格」と分析されている意外な戦国大名とは、次のうち誰でしょうか? ( 正解率は 22 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「武田信玄」

  回答内訳

592人 が回答済です

毛利元就(110回答)
18%
武田信玄(133回答)
22%
上杉謙信(36回答)
6%
徳川家康(313回答)
52%

※未回答での閲覧回数は 89回

 解説

武田信玄といえば、戦国最強の騎馬隊で有名な戦国大名であることは周知のとおりです。 ルイスフロイスの著『日本史』によれば、織田信長がもっとも煩わされ、常に恐れていた敵の1人だったのが信玄とのこと。 実際、信長は信玄にたびたび贈り物をして、かなり気を遣っていました。 そんな信玄ですが、歴史学者の鴨川達夫氏の著書『武田信玄と勝頼―文書にみる戦国大名の実像』によると、信玄は「筆不精」で「臆病」な性格であると分析されているようです。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります