宣教師フロイスによれば、信長の声はどんな感じだと言った?

信長のイラスト99

織田信長と会見したキリスト教宣教師のルイス・フロイスは、バチカンへの手紙の中で信長の人物像を伝えています。 それによると、信長の声はどんな感じだと言ったのでしょうか?

( 正解率は 71 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「とても甲高い」

  回答内訳

157人 が回答済です

とても甲高い(113回答)
71%
とても低い(25回答)
15%
とてもしゃがれている(16回答)
10%
とても震えている(3回答)
1%

※未回答での閲覧回数は 25回

 解説

バチカンへの書簡の中でフロイスはこう述べています。

「この尾張の王は年齢37歳。背は高く、鬚は少なく、声はとても高い。武勇を好み、粗野である。」

またフロイスが記述した『日本史』にも「髯は少なくはなはだ声は快調」とありますから、かなり甲高い声の持ち主だったことがうかがえます。またテレビや雑誌といったメディアでも、音声分析技術を駆使して信長の肉声を再現する企画が試みられています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事