美濃の斎藤道三・義龍父子が激突した戦いは?

岐阜城(稲葉山城)からみた長良川の古戦場周辺

美濃の国主・斎藤道三は晩年に息子の義龍と不仲となり、骨肉の争いに発展。道三は最期討ち取られています。さて、この戦の名前は何でしょうか?

( 正解率は 80 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「長良川の戦い」

  回答内訳

55人 が回答済です

稲葉山城の戦い(5回答)
9%
長良川の戦い(44回答)
80%
加納口の戦い(5回答)
9%
小豆坂の戦い(1回答)
1%

※未回答での閲覧回数は 1回

 解説

美濃の斎藤道三は、娘の帰蝶を織田信長に嫁がせ、同盟関係となるなど、信長との繋がりを強くしていく一方で、長男の義龍との関係は悪化していったようです。

道三は義龍に家督を譲るものの、斎藤家の実権は引き続き道三が握っており、義龍の弟達を厚遇していました。そんな中で義龍は弟を殺害。これを許せなかった道三は挙兵し、長良川の戦いへと繋がります。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事