晩年の豊臣秀吉が行った大規模な海外遠征は?

秀吉のイラスト90

豊臣秀吉は全国統一の後、海外征服のために武将たちを現地へ派遣する遠征を行いました。 では、その遠征の名称は次のうち何でしょうか。

( 正解率は 83 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「文禄・慶長の役」

  回答内訳

61人 が回答済です

琉球侵攻(1回答)
1%
文永・弘安の役(9回答)
14%
文禄・慶長の役(51回答)
83%
蝦夷地開拓(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 8回

 解説

天正20(1592)年になると諸説ありますが、豊臣秀吉は新たな領地拡大のため、朝鮮に目を向けました。

そして一回目の海外遠征である「文禄の役」が起こります。この戦いでは、日本軍と朝鮮・明軍双方の食料不足によって行われた講和で停戦となりました。

しかし、虚偽の報告に怒った秀吉が講和を決裂させると、慶長2年(1597)年には二回目の海外遠征、慶長の役が勃発。この戦いは秀吉が亡くなると講和を締結。秀吉が計画していた朝鮮侵攻は、自らの死によって幕を閉じました。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事