織田信長のお宝が残る、岐阜にあるお寺は?

崇福寺(岐阜市)にある織田信長・信忠父子の位牌堂(出所:<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E7%A6%8F%E5%AF%BA_(%E5%B2%90%E9%98%9C%E5%B8%82)" target="_blank">wikipedia</a>))

織田信長と嫡子信忠が「本能寺の変」で絶命した時に、信長の側室・お鍋の方が遺品を送り、位牌を安置させたお寺はどこでしょうか。

( 正解率は 30 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「崇福寺(そうふくじ)」

  回答内訳

78人 が回答済です

善光寺(ぜんこうじ)(21回答)
26%
大徳寺総見院(だいとくじ そうけんいん)(12回答)
15%
崇福寺(そうふくじ)(24回答)
30%
円徳寺(えんとくじ)(21回答)
26%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

信長は天下統一の拠点とした岐阜城に入ってすぐに、この崇福寺を菩提寺に定め、保護しています。 側室のお鍋の方は、1582年本能寺の変で信長と信忠が自刃したと知るや否や、崇福寺に遺品を手紙と共に送った、と伝わっています。

本堂の裏庭に、信長の位牌があり、肖像画や櫓時計、墨書、教訓の絵など、信長が残した多くのお宝が現在も保存されています。 本堂の裏にはもう一つ、「信長・信忠父子廟」があります。

時代は新しくなりますが、1600年の関ケ原の戦いの時、信長の孫の織田秀信が家来の反対を押し切って西軍につきます。 合戦の前哨戦で、岐阜城が落城しました。

落城の際についた鎖かたびらや鎧ひだたれの、血痕が床板に残りました。 現在も、「血天井」として、お寺の天井に張られています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事