尾張徳川家の名古屋城。信長時代にはどう書いていた?

名古屋城のイラスト

愛知県名古屋市にある「名古屋城(なごやじょう)」。この漢字の表記は江戸時代以降のものです。さて、それ以前はどのような漢字で書かれていたのでしょうか?

( 正解率は 78 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「那古野城」

  回答内訳

51人 が回答済です

根古屋城(0回答)
0%
那古野城(40回答)
78%
名護屋城(11回答)
21%
南小屋城(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

現在の名古屋城二の丸付近には、名古屋城の前身と言える「那古野城」が建っていました。築いたのは駿河の戦国大名今川氏の一門である氏豊です。

やがて織田信長の父である織田信秀が、那古野城を奪い取ることに成功し、その後は嫡男の信長に与えられます。 信秀の死後、当主となった信長は清須織田氏を滅ぼして清須城に移りますが、その後も那古野城は軍事拠点として活用されていたようです。

信長が天下をほぼ手中にした天正10年(1582年)頃になって廃城となり、その後、徳川家康が新たに名古屋城を築きました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事