「四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒」これは誰の辞世?

日本酒のイラスト
「四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒」という辞世を残した戦国武将とはいったい誰? ( 正解率は 76 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「上杉謙信」

  回答内訳

39人 が回答済です

毛利元就(1回答)
2%
上杉謙信(30回答)
76%
伊達政宗(4回答)
10%
朝倉義景(4回答)
10%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

「越後の龍」こと上杉謙信は、酒好きの戦国武将としても有名です。出陣中でも絶えず愛飲し、肴は何も食べず、ただ酒をあおるのみ。その酒量は半端ではなく、馬上でも酒を飲み続けたといいます。

そんな痛飲ぶりが祟ったのか、春日山城で出陣の準備だったところ、厠へ行く途中で倒れたとも。脳溢血が死因だったという説が有力です。

ちなみに辞世とされる漢詩は、酒を生涯愛し続けた謙信ならではのもの。「49年の生涯は眠っている夢のようなものだった。ひとときの栄華も一杯の酒と同じようなものだ」そんな心情が伝わってくるようです。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります