黒田長政と福島正則が交換したものとは?

...

不仲だった黒田長政と福島正則が、仲直りの際に互いの持ち物を交換しました。その交換したものとは、一体なんでしょうか?

( 正解率は 59 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「兜(かぶと)」

  回答内訳

324人 が回答済です

兜(かぶと)(194回答)
59%
刀(かたな)(32回答)
9%
槍(やり)(81回答)
25%
鎧(よろい)(17回答)
5%

※未回答での閲覧回数は 28回

 解説

同じ豊臣秀吉子飼いの将なのに、仲違いしてしまった福島正則と黒田長政でしたが、朝鮮出兵の後に仲直りをしたと言われています。その時に和解の証として、お互いの兜を交換したと伝わっています。

正則から長政へは「銀箔押一の谷形兜(ぎんぱくおし いちのたになりかぶと)」が贈られました。元々は正則が竹中半兵衛から受け継いだもので、まさに一の谷の断崖絶壁を模しているような、一枚板が目を引くデザインの兜です。

長政から正則へは「黒漆塗桃形大水牛脇立兜(くろうるしぬり ももなり だいすいぎゅうわきだてかぶと)」が贈られました。名前の通り、桃のような形の兜が頭を覆い、左右からは長く鋭い水牛の角が伸びたデザインの兜です。

その後関ヶ原の戦いで、共に東軍となった二人が交換した兜をかぶり出陣したそうです。


 こんなクイズもあります