仙石秀久の不名誉なあだ名とは?

仙石秀久の肖像画

信長に仕え、のちに豊臣秀吉の与力となって、最終的には徳川秀頼にも厚い信頼を勝ち取った仙石秀久ですが、彼には不名誉なあだ名があります。それは次のうち、どれでしょうか。

( 正解率は 44 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「三国一の臆病者」

  回答内訳

38人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

表裏比興の者 (5回答、13%)
残酷非道の者 (6回答、15%)
鈴鳴り武者 (10回答、26%)
三国一の臆病者 (17回答、44%)
 解説

戸次川の戦いにて大敗した彼はよりにもよって本領に逃げ帰りました。目付け役でもあった仙石秀久が諸侯の軍をまとめることもなく、九州から勝手に退却したことに秀吉は怒り、改易となりました。

あまりにも大将としてあるまじき行動に対し、世の人たちは彼のことを三国一の臆病者と嘲笑うことになりました。しかし、のちに北条征伐で汚名を返上するほどの武功をあげることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事