九鬼嘉隆が築いた水軍城とは?

志摩鳥羽城の三の丸跡

九鬼嘉隆が文禄3年(1594年)に築城し、九鬼水軍の根拠地となった城は、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 59 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「鳥羽城」

  回答内訳

69人 が回答済です

三崎城(5回答)
7%
鳥羽城(41回答)
59%
三田城(11回答)
15%
長島城(12回答)
17%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

九鬼嘉隆は織田信長、次いで豊臣秀吉に仕えた志摩の大名でしたが、九鬼水軍を率いて活躍したことで知られています。 文禄3年(1594年)、妙慶川河口南岸に突き出た小山に築城されたのが鳥羽城です。

大手門が海側に突き出して造られた全国でも珍しい形をしており、大手波戸水門が城への出入り口となっていました。 本丸には三層の天守があったとされており、現在でも残る石垣が往時の姿を偲ばせてくれます。


 こんなクイズもあります