かぶき踊りを創始した女性踊り子とは誰?

出雲阿国の像(京都府京都市東山区)

安土桃山時代、現在の歌舞伎の元となった「かぶき踊り」を創始したとされる女性踊り子とは次のうち誰でしょうか?

( 正解率は 87 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「出雲阿国(いずものおくに)」

  回答内訳

16人 が回答済です

出雲阿国(いずものおくに)(14回答)
87%
京極マリア(0回答)
0%
山田おあむ(1回答)
6%
吉岡妙林尼(みょうりんに)(1回答)
6%

※未回答での閲覧回数は 2回

 解説

出雲阿国は、元々は出雲大社の巫女でした。勧進のために諸国を巡回したところ大変な評判になったとされています。

やがて奈良春日社若宮拝殿や京都近衛殿で「ややこ踊り」を演じ、また京都では「かぶき踊り」を上演して人気を集めました。

阿国が創始した「かぶき踊り」は江戸をはじめ全国へ広まり、歌舞伎の原型になったとされています。

出雲大社の近くには阿国の墓があり、現在でも芸能関係者や歌舞伎ファンなど多くの参拝者が絶えないそうです。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事