津島神社に親子で門を寄贈したのは誰?

津島神社

愛知県の津島神社には、とある戦国武将が親子二代に渡って門を寄進しています。その親子とは誰でしょうか?

( 正解率は 57 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「豊臣秀吉と秀頼」

  回答内訳

7人 が回答済です

武田信玄と勝頼(1回答)
14%
上杉謙信と景勝(0回答)
0%
豊臣秀吉と秀頼(4回答)
57%
細川藤孝と忠興(2回答)
28%

※未回答での閲覧回数は 2回

 解説

地元住民の信仰篤い津島神社は戦国武将達からも大切にされ、今でも当時寄進された建物がいくつか残っています。中でも興味深いのが、秀吉・秀頼親子が揃って門を寄進している点です。

天正19(1591)年に秀吉によって楼門が、慶長3(1598)年には秀頼によって南門が寄進され、重要文化財として残っています。

実はさらに、秀吉の母・大政所も社殿を寄進しているので、豊臣家は三代に渡って津島神社への信仰が篤かったことが伺えます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事