安土桃山時代に活躍した大名茶人で、「へうげもの」と呼ばれた人物とは誰?

古田織部の像(「茶之湯六宗匠伝記」より)
安土桃山時代に活躍し、秀吉や家康に仕えた大名茶人で、「へうげもの」と呼ばれた人物とは誰でしょう? ( 正解率は 84 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「古田織部(ふるた おりべ)」

  回答内訳

13人 が回答済です

古田織部(ふるた おりべ)(11回答)
84%
細川忠興(ほそかわ ただおき)(0回答)
0%
小堀遠州(こぼり えんしゅう)(1回答)
7%
蒲生氏郷(がもう うじさと)(1回答)
7%

※未回答での閲覧回数は 2回

 解説

古田織部は武士でしたが、千利休のもとで学び、多くの弟子の中でも特に注目されていた存在でした。やがて豊臣秀吉の庇護の下で、茶の湯の世界に独自の新風を吹き込みました。

特に焼き物の分野では織部焼を生み出し、ゆがんだ茶碗や新奇な意匠が、大名や豪商・富裕層の間でブームを巻き起こすほどだったといいます。

織部は「へうげもの」と呼ばれましたが、「おどける」という意味があり、神谷宗湛が織部の使用した茶碗について「ヘウケモノ也」と言ったことに端を発しています。

※出所元 没後400年 古田織部展(佐川美術館) https://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2015/07/400.html

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事