織田信長の家来、弥助はどんな人?

織田信長には、「弥助(やすけ)」という変わった家来がいました。なにがほかの家来と変わっていたのでしょうか?

( 正解率は 92 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「日本人ではなく、黒人だった」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

当時では考えられないくらい背が高かった (2回答、8%)
占いがとっても当たった (0回答、0%)
かなり霊感が強かった (0回答、0%)
日本人ではなく、黒人だった (23回答、92%)
 解説

弥助はもともとポルトガルの宣教師が連れてきた、黒人の奴隷です。本当の名前は「ヤスフェ」なんですが、呼びやすいように日本では「弥助(やすけ)」と言われていました。

黒人は当時は奴隷として扱われていましたが、きちんと家来として受け入れたのは織田信長が初めてです。 弥助は本能寺の変の当日も織田信長といっしょにいましたが、逃げるように言われ生き延びたようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事