織田信長が生まれたとされる城の名は?

大うつけ信長のイラスト

1534年、織田信長は尾張の戦国大名・織田信秀の嫡男として生まれました。さて、信長が生まれたとされる城は次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 48 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「勝幡城(しょばたじょう)」

  回答内訳

29人 が回答済です

清洲城(きよすじょう)(5回答)
17%
勝幡城(しょばたじょう)(14回答)
48%
犬山城(いぬやまじょう)(1回答)
3%
那古野城(なごやじょう)(9回答)
31%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

従来は那古屋城で生まれたという説が有力でしたが、現在は愛知県西部にあたる勝幡城で生まれたことが定説になりつつあります。

勝幡城の近くには海運で栄えた津島湊があり、織田氏の経済力を支える重要な場所でした。 成長した信長が那古屋城へ移り、やがて尾張を統一して清州城を本拠地にすると、勝幡城は廃城になったといいます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事