武田信玄の家臣「武藤喜兵衛」とは誰のこと?

...

武田信玄に仕えた武将に「武藤喜兵衛(むとう きへえ)」という名の人物がいます。誰のことでしょうか?

( 正解率は 95 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「真田昌幸」

  回答内訳

1046人 が回答済です

山県昌景(14回答)
1%
山本勘助(24回答)
2%
板垣信方(8回答)
0%
真田昌幸(1000回答)
95%

※未回答での閲覧回数は 132回

 解説

真田昌幸は真田幸隆の子として生まれ、武田信玄・勝頼父子に仕えました。

昌幸は信玄の親戚にあたる甲斐の名族・武藤氏を継いで「武藤喜兵衛」と名乗ります。武藤氏を継いだ昌幸でしたが、二人の兄、信綱・昌輝が天正3(1575)年に「長篠の戦い」で戦死したために、急遽真田家に戻り、家督を継ぐことになります。

その後、武田家は滅亡しますが、昌幸は織田信長に属して所領は安堵されます。ただ、その信長もまもなく本能寺の変で倒れ、政情が不安定になると、真田領を含む旧武田領(甲斐国、信濃国、上野国)は、上杉・北条・徳川ら周囲の有力諸大名らの争奪戦に。

ピンチに陥った昌幸はですが、上杉・北条・徳川の対立を上手く利用し、自らの勢力の維持・拡大を図り、一族の生き残りに成功するのです。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります