伊達政宗が失明した時にかかった病は?

独眼竜と異名を持つ伊達政宗はある病にかかり、右目を失明してしまいました。そのかかった病の名前は何でしょう?

( 正解率は 92 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「天然痘」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

結核 (0回答、0%)
天然痘 (23回答、92%)
猩紅熱 (2回答、8%)
破傷風 (0回答、0%)
 解説

伊達政宗は幼少期に天然痘(疱瘡)にかかったことで、右目が白濁して失明。それにより、左目だけ見える独眼になったと言われています。

その伊達政宗が、後の世に独眼竜と呼ばれるようになったのは、江戸時代後期になってからです。儒学者・頼山陽の漢詩になぞらえて、そのように呼ばれるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事